年金から借りる!年金受給者が年金を担保にお金を借りる方法とは?

高齢化が進む日本では、年老いてからも、ある程度お金を蓄えておかないと生活していくことができないとされています。年金暮らしを続けていると、生活費が不足することもあり働くのが困難となった年齢になってから突発的な出費があると本当に窮地に追い込まれてしまいます。

年金を受給している人は、銀行や、消費者金融などの金融機関から、お金借りることは困難で、カードローンや、キャッシングの審査に通過することも困難になります。収入となる年金は、ほとんど生活費に充てられることになりますので、無計画にお金を借りると生活保護に頼る必要が出てきてしまいます。近頃は、詐欺まがいの金融業者が多くなってきていますが、信用できる公的機関から、お金を借りることができる方法としては年金担保貸付制度が挙げられます。

年金担保貸付制度は、公的年金を受給している人を対象としている公的にお金を借りることが制度となっています。独立行政法人である福祉医療機構という組織から、家賃や、医療費、冠婚葬祭などで必要となる小口資金を借り入れることができます。年金を担保にして、お金を融資することは法律で原則として禁じられていますが、独立行政法人福祉医療機構が年金を担保にして、お金を貸し付ける事業については、例外的に認定されています。

このような組織を利用して、お金を借りると一時的に突発的な出費に対応することができますが、その後の生活は返済のために出費を抑える必要があります。