腸内フローラの健康のためにも、アルコールの過剰摂取に注意してください

人の大腸には1,000種類を超える細菌が生息しており、その細胞数もかなりの数字になります。
成人した人の体を構成している細胞の数は37兆個とも言われていますので、大腸内にいる細菌の細胞数は、人の体細胞数と比べて多いことになります。
ちなみに大腸に生息している腸内細菌は、その総重量が1~1.5kg程度であり、これは肝臓の重さとだいたい同じです。
この腸内細菌の働きが健康とも大きく関係していることもあり、腸内細菌は「第3の臓器」とも呼ばれています。
このように腸内に生息している細菌はとても大切なものですが、日常生活が乱れてしまうと腸内フローラも乱れてしまい、様々な病気にかかってしまう恐れがありますので注意する必要があります。

そしてその1つの原因として挙げられているのがアルコールです。
「酒は百薬の長」とも言われており、適度に摂取すると血行が改善されたり胃腸の動きが活性化したり、消化酵素の分泌を促進したりなど、様々なメリットを得ることができます。
これら作用によって食欲がアップすることから、食前酒という習慣もあります。
このように適度のお酒であれば体にも良いのですが、あまり過剰に摂取してしまうと様々な弊害を生んでしまうことがあります。

お酒を摂取し過ぎてしまうと、腸内に強い毒性を持った細菌が増殖してしまい、その結果、腸内フローラが悪化してしまうこともあるのです。
お酒の過剰摂取は腸内環境に大きな変化を与えてしまいますが、腸内のフローラ自体がお酒の産生や分解にも影響していることがその理由でもあります。
腸内細菌によって産生されたお酒自体は、健康な人であればすぐに分解されることから身体に有害な作用を与えることはありません。
しかし、一度腸内細菌のバランスに乱れを生じてしまうと、お酒が正常に分解されなくなり、身体の様々な部分に影響が出てしまうのです。

例えば、脂肪肝の程度が進行すると肝臓に炎症が起こったり、突然に肝細胞が破壊されたりなどの障害を生じてしまいます。
また、腸内環境の悪化によって脂肪化が進んでしまうと、脂肪性肝炎という状態になります。
お酒以外にも、運動不足や肥満、過食、食事の偏り、2型糖尿病などが原因となった脂肪性肝炎は「非アルコール性脂肪性肝炎」と呼ばれています。
この病気もお酒の過剰摂取が原因で発症する可能性がありますので、日頃からしっかり注意しておく必要があります。
普段お酒を良く飲む人は、腸内環境が乱れていないか一度検査することをオススメします。

関連サイト